ソーシャルアクションラボ

2022.11.11

化石燃料由来のCO2排出量、1%増で過去最高 国際研究チーム

 石炭など化石燃料燃焼による今年の二酸化炭素(CO2)排出量は2021年より1%増え、過去最高だった19年と21年(いずれも363億トン)を上回る366億トンになるとの見通しを、国際研究チーム「グローバル・カーボン・プロジェクト」が11日、発表した。ロシアによるウクライナ侵攻に伴うエネルギー危機の影響で、天然ガス由来の排出量は微減だが、チームは「世界の排出量は減少に転じる気配はない」と指摘する。

 チームによると、人間活動に伴う今年のCO2排出量は406億トンで、このうち化石燃料由来が366億トン。20年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動制限や経済活動停滞の影響で19年比5・4%減だったが、21年はほぼコロナ流行前に戻り、今年は2年連続の増加となる見込みだ。

 国・地域別では、最大の排出国・中国と欧州連合(EU)が21年より減少した。中国は21年比0・9%減で、新型コロナでロックダウン(都市封鎖)を実施するケースが続いているためだとみられる。EUは0・8%減。化石燃料回帰の動きがあり、石炭由来の排出量は増える見込みだが、ロシアが欧州向け天然ガスパイプラインでの供給を止め、供給量自体が減って天然ガス由来の排出量が減ったことが影響しているという。

 一方、世界第2位の排出国・米国は1・5%増。3位のインドは石炭由来の排出量増で6%増となった。

 世界全体で現在の排出ペースが続けば、今後9年で産業革命前からの気温上昇幅が1・5度に到達すると予測されるという。チームのコリンヌ・ル・ケレ英イーストアングリア大教授は「新型コロナの世界的大流行とエネルギー危機が排出傾向を大きく変動させている」と指摘。その上で「私たちは今転換期にあり、緊急かつ持続的に排出削減を進める必要性があることから目をそらしてはならない」としている。【大場あい】

関連記事