ソーシャルアクションラボ

2022.12.09

除染土再利用の実証試験 新宿御苑、つくばでも計画 自治体と調整

 東京電力福島第1原発事故後の除染で取り除いた土について、西村明宏環境相は9日の閣議後記者会見で、新宿御苑(東京都新宿区)と国立環境研究所(茨城県つくば市)でも再利用の実証試験を計画していることを明らかにした。既に公表した環境調査研修所(埼玉県所沢市)と合わせ、環境省関連施設計3カ所での実施に向けて関係自治体と調整している。

 再利用するのは、1キロ当たりの放射性セシウム濃度が8000ベクレル以下の除染土。同省によると、新宿御苑では一般の利用者が立ち入りにくい管理事務所そばの花壇に除染土を埋め、もともとあった土で覆うことを想定。21日に周辺住民を対象に説明会をする。国立環境研究所では、駐車場の基盤材として再利用する計画だという。同省は実証試験を通じて、施工、維持管理時の安全性を確認し、再利用への理解醸成につなげたい考えだ。

 除染土は福島県大熊、双葉町にある中間貯蔵施設で保管され、2045年3月末までに県外で最終処分することが法律に明記されている。再利用は最終処分する量を減らすのが目的で、これまで福島県内で実証試験を行ってきた。【岡田英】

関連記事