ソーシャルアクションラボ

2022.12.19

柏崎大雪、立ち往生の車に支援物資 新潟県、市に災害救助法適用

 強い冬型の気圧配置の影響で、19日は東北や北陸地方を中心に大雪となった。新潟県柏崎市の国道8号では、車の断続的な立ち往生が発生し、除雪作業のため約22キロの区間が通行止めになった。寒気は20日にかけて緩む見込みだが、気象庁は警戒を呼びかけている。

 国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所などによると、国道8号の同市長崎江下―同市米山町清水の間では、複数の場所で大型トラックの車輪が雪にはまるなどした。この影響で車両が混雑し、走行できない車もあった。通行止めは19日午後3時40分に始まり、同10時の時点で解消の見通しは立っていない。国交省や柏崎市は、現場に職員を派遣し、ドライバーらに水や食料、簡易トイレを配っている。県は、同市に災害救助法を適用するとした。

 同県長岡市内でも、雪による渋滞が複数起きている。

 気象庁によると、19日朝までの24時間降雪量は福島県只見町で110センチ、山形県大蔵村では101センチとなり、昨冬までの最大記録を上回った。新潟県魚沼市でも94センチを観測。鳥取県大山町での午後4時時点の積雪は67センチだった。

 山形県鶴岡市では18日、男性が除雪機の下敷きになって死亡。新潟県でも19日に除雪作業をしていた3人が重軽傷を負った。

 東北電力ネットワークによると、倒木による電線の切断などで18~19日に新潟県内23市町村で延べ約3万1000戸が停電。同日午後4時現在も柏崎市や佐渡市などの約1万8000戸で停電が続く。山形県や福島県でも停電が起きた。

 また、JR東日本は19日、只見線会津坂下(福島県会津坂下町)―大白川(新潟県魚沼市)間で20日の運転を終日取りやめると発表した。奥羽線新庄(山形県新庄市)―院内(秋田県湯沢市)間と陸羽東線鳴子温泉(宮城県大崎市)―新庄間でも一部運休する。【内田帆ノ佳、露木陽介、磯貝映奈、小川祐希】

関連記事