ソーシャルアクションラボ

2022.12.23

北関東3県、パートナー制度で連携協定 国に整備を提言の考えも

 茨城県は23日、LGBTなど性的少数者のカップルを公認する「パートナーシップ宣誓制度」について、転居後の手続きを簡略化する協定を栃木、群馬両県と結んだと発表した。他県市との協定は4、5例目。

 茨城は2019年、都道府県で初めて同制度を導入。公営住宅への入居や、県立病院での面会、手術の同意などについて法律上の夫婦と同様に扱う。今回の協定により、3県間で転居した際に改めて宣誓をしなくても、書類を郵送すれば公認を受け証明カードを受け取ったりできる。

 栃木は今年9月、群馬は20年に同様の制度を導入しており、これまでに茨城で77組、栃木で6組、群馬で33組が宣誓したという。

 大井川和彦知事はこの日の定例記者会見で更に連携先を増やす意欲を表明。一方で「ここまでが自治体ができることの限界。宣誓制度が広がっていることが国に対する大きなメッセージ」と語り、国に制度整備を提言する考えを示した。【森永亨】

関連記事