ソーシャルアクションラボ

2022.12.23

史上1位の雪ぜよ 高知で降雪14センチ 日本海側大雪の可能性

 強い冬型の気圧配置となった影響で、23日は日本海側を中心に大雪となった。気象庁によると、四国でも各地で雪が積もり、午後2時までの12時間の降雪量が高知市で14センチ、徳島市で10センチと観測史上最高を記録した。日本海側では25日ごろまで大雪となる可能性があり、警戒を呼び掛けている。

 西日本は23日、各地で今季一番の冷え込みとなった。気象庁によると、各地の最低気温は、広島県庄原市東本町氷点下4・6度▽福井県勝山市氷点下3・9度▽金沢市氷点下1・9度▽富山市氷点下1・6度▽大阪府熊取町氷点下1・2度--など。

 気象庁は午前8時過ぎ、石川県に短時間の大雪に警戒を呼び掛ける「顕著な大雪に関する気象情報」を発表。各地にも大雪警報を出した。各地の積雪量(午後4時現在)は、広島県庄原市高野町83センチ▽鳥取県大山町82センチ▽島根県奥出雲町横田68センチ――など。金沢市では、午前8時までの6時間に20センチの降雪を記録し、大阪市内でも雪がちらついた。

 金沢市では、雪道での転倒などで30~60代の女性3人と80代の男性1人の計4人が軽傷を負った。

 雪の影響で、北陸自動車道や山陽自動車道、松山自動車道などの一部が通行止めに。また、北陸新幹線金沢駅でホームドアの一部に不具合が生じ、上下計5本が最大48分遅れ、約1300人に影響した。このほか、JR西日本は特急サンダーバードなどの一部で運転を取りやめた。

 24日午後6時までに予想される24時間降雪量は多いところで、北陸90センチ▽北海道、東北、東海、中国70センチ▽近畿60センチ▽関東甲信50センチ▽九州北部40センチ▽四国30センチ▽九州南部15センチ。【横見知佳、山田毅】

関連記事