ソーシャルアクションラボ

2022.12.26

省エネ家電購入で最大6万円 兵庫・加古川の補助、人気で予算追加

 消費電力が大きい家電の省エネや電気代の節約を進めるため、兵庫県加古川市が冷蔵庫とエアコンの購入補助を始めたところ、1週間で補助金予算9450万円を上回る勢いで購入が進んでいる。市は急きょ、6100万円超の予算を追加し全申請を受け付ける方針。

 国の地方創生臨時交付金を活用した市独自の事業で、省エネ達成基準を満たした容量401リットル以上の冷蔵庫か、4キロワット以上のエアコンを購入した市内在住者が対象。旧家電の処分時に受け取る家電リサイクル券を添えて申請すると、6万円を限度に購入額の20%を補助する。

 市は当初、計1800台分を予算計上したが、21日現在で600台超の申請があり、さらに市内の家電販売店への調査で1000台は優に超すと判明。市民からの問い合わせは1日約100件に上り、電気自動車購入や充電ステーション設置への補助事業などで余剰金のある他の予算で充当することにした。

 申請受け付けは2023年2月28日までだが、予算を上回る場合は締め切りを早める。問い合わせは省エネ家電買替促進事業事務局(050・3503・7587)へ。【阿部浩之】

関連記事