ソーシャルアクションラボ

2022.12.26

内閣府バリアフリー・UD推進功労者表彰 最高賞に「点字毎日」

内閣府のバリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰の表彰式が26日、首相官邸であり、毎日新聞社が発行する週刊の点字新聞「点字毎日」が最高賞となる内閣総理大臣表彰を受賞した。岸田文雄首相から濱井良文・点字毎日編集長に表彰状が授与された。

同表彰は、高齢者や障害者など、全ての人が安全で快適な生活を送ることができるよう、ハード、ソフトの両面でバリアフリーやユニバーサルデザインの推進に向けて、顕著な功績があった個人や団体を表彰するもの。2002年から実施している。

今回の表彰では、点字毎日について「100年間にわたって視覚障害者への情報提供を続け、生活の質の改善や社会参加の促進、教育や文化、福祉の向上につなげてきた」と評価した。岸田首相は「全ての人が生きがいを感じる共生社会の実現に向け、しっかりと取り組んでいく」とあいさつした。

点字毎日は今年5月に創刊100年を迎え、最新の12月27日付で通巻5122号を数える。点字版の制作がデジタル化した以降は、活字の大きなタブロイド判「活字版」や、点字版の内容を読み上げ録音した「音声版」なども発行してマルチメディア展開。情報環境の変化に対応して新聞を発行してきた点も功績として認められた。【山縣章子】

関連記事